酷い虫歯も無痛治療してくれる技術の高い歯医者

歯医者さんが怖いなら無痛治療はいかが?

麻酔による無痛治療

歯医者さんに来院するきっかけはどんなことでしょうか。
昨今では、予防歯科の意識が強まっているため、定期健診や歯のクリーニングを目的とすることが増えています。
でも、圧倒的に多いのは、虫歯や歯周病などで痛みや口臭が気になった時だったり、治療した後の被せ物が取れてしまった時でしょう。
痛みや症状が少ないうちに早く治してしまおう、と考える方が多い中で、なかなか足を運べない方もいらっしゃいます。
仕事で時間が取れない、といった理由の他に、深刻なのが、「歯科恐怖症」に悩まされている方々です。
「歯科恐怖症」とは、非常に痛みを感じる治療の経験や、治療時の音、医院内のにおいなどに感じた嫌悪感が恐怖心になり、治療を受けることに支障が出てしまう症状のことです。
歯を削るドリルの音で体が動かなくなったり、診療台に座ることができない、などの重い症状として現れる場合もあるそうです。
海外の研究では、3~40%の方が歯科治療に対して恐怖心を持っており、5~15%の方は治療を受けることができず、口腔内の環境に悪影響を及ぼすまで深刻な状況にある、という結果が報告されています。
日本でも同様の調査結果が報告されており、性別的には女性に多い傾向にあるといわれています。
歯科治療が困難ということは、虫歯の多発や歯周病悪化を誘発してしまいます。
虫歯や歯周病の原因菌は、心筋梗塞や脳梗塞などを起こす可能性も持っています。
口腔内の健康阻害は、体の健康にも直結する問題です。
「歯科恐怖症」の方でも安心して治療が行えるような方法として、「無痛治療」というものがあるんです。

↑ページの先頭へ