歯医者さんが怖いなら無痛治療はいかが?

歯医者さんに行きたくない?

麻酔を使った治療

歯や歯茎には神経が通っています。
そのため、従来の麻酔注射やドリルで削る時に痛みを感じてしまうのです。
麻酔が効いている間は痛みを感じません。
従来の治療でも、神経に触ることで痛みを感じると予想される治療には麻酔を注射してから行います。
しかし、もちろん、歯茎にも神経が通っていますから、注射針が刺さったときや、薬液が注入されるときに痛みを感じてしまいます。
この痛みを緩めるために、歯茎の表面に塗布することで感覚をマヒさせる表面麻酔が使われています。
麻痺している間に麻酔注射をおこなうことで、特有の「チクッ」という痛みを感じなくさせる方法です。
また、麻酔薬が注入される際に感じる鈍い痛みを和らげる電動注射器を用いることもあります。
一定の速度で薬液を注入するので、一気に注入する従来の注射器よりも、あの特有の不快感を解消することができるのです。

特殊な麻酔で痛みや恐怖心を緩和

治療する部位だけに麻酔をかけるだけでなく、特殊な麻酔薬やガスを使って、意識がぼんやりした状況下で治療を行う方法もあります。
眠っている間に治療が終わっている、というようなイメージです。
静脈内鎮静法は、腕の静脈に点滴で麻酔薬を注入し、ゆっくりと眠りに落ちていきます。
その間に治療を行い、目が覚めると治療が終わっている、という方法です。
外科手術の麻酔をイメージすると分かりやすいですね。
全身に作用する麻酔です。
また、亜酸化窒素と酸素で作られた笑気ガスを吸い込むと、リラックス状態になり、痛みを感じにくくなります。
その間に治療を行うわけですね。
治療が終了したら、100%の酸素を吸入することで笑気ガスを排出できるので副作用などはありません。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ